ごあいさつ

令和4年7月1日に、宮古島 久松の地に、『ひさまつクリニック』を開業いたしました。

医学生のころ、「地域のみなさまの人生に寄り添うプライマリ・ケア医になりたい」と考え、「そのためには、どのような疾患、外傷に対しても、初期対応ができる医師にならなければならない」と救急医学の世界に飛び込みました。数年間勉強のつもりが、救急医学の面白さに魅せられ、13年間、外傷外科、集中治療、心肺蘇生などに取り組みました。
平成24年に、宮古島に移り住んでからは、医学生時代からの目標であった、地域医療、総合診療、訪問診療に携わっております。

急な病気、ケガをされたときに気軽に相談できる、あるいは、病い、悩みを抱えた方々が、望む場所で、安楽に過ごすことができるようにお手伝いする、「宮古島のプライマリケア医」でありたいと、スタッフとともに日々がんばっております。

ひさまつクリニック院長 鈴木 全

医師紹介

鈴木 全
すずき じゅん
ひさまつクリニック 院長

<経歴>
昭和60年 京都市立紫竹小学校卒
昭和63年 京都市立西陵中学校卒
平成3年 京都府立洛西高等学校卒
平成9年 新潟大学医学部医学科卒
平成9年 東京女子医大救命救急センター
平成12年 新潟大学医学部第一外科
平成14年 大阪府立泉州救命救急センター
平成20年 東京女子医大救命救急センター
平成22年 宮古島へ 在宅療養支援診療所で勤務
平成27年 沖縄県立宮古病院 家庭医療センター 地域診療科
令和4年7月1日 ひさまつクリニック 開院

医学部卒後 13年間 救急医として、外傷外科、心肺蘇生、熱傷、集中治療、病院前救護に従事
平成22年から、宮古島で訪問診療、総合診療に従事
<専門医・指導医>
救急科専門医
日本在宅医療連合学会 専門医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医・専門医
日本専門医機構 総合診療研修 特任指導医

<医学教育>
ICLS、ISLS、INARS、J-MELS インストラクター、ディレクター
JPTEC、MCLS インストラクター
市民対象の医学教育コース(PUSH、BLS、エピペン講習会 等)

<趣味など>
コンピューター、電子工作、アニメ、レトロゲームなど(「アキバ系救急医」と呼ばれていました)
空手道 全日本空手道連盟三段、糸東会三段

アクセス

久松小学校正門そば
白い壁、ブルーグレーのワンポイントが目印です

宮古島全体のちょうど中心くらいに位置しており、連携医療機関である宮古病院から1km弱の距離にあります。